当院では矯正歯科認定医(日本矯正歯科学会、大阪大学卒)にて矯正治療を受けていただくことができます。(通常月1回第1木曜日)

今痛くなければよい、今虫歯がなければ良い。確かにそれは大切なことではあります。しかしながら、良い歯並びは、しっかりと咬めること、管理清掃しやすく虫歯や歯周病のリスクを軽減すること、より綺麗でいい笑顔やよい印象へとつながっていきます。より健康で美しい状態意を作っていくことができるのが矯正治療です。

また、当院では一般治療も行っているので、矯正治療と一般治療を当院で対応可能です。

お子様も大人の方も、歯並びやお口元が気になる方はお気軽にご相談ください。

子どもの矯正For Children

どんどん成長をする子どもの時期はまだ歯を支える骨や顎の骨も柔らかいため、子どものときから治療をはじめれば、その成長に合わせて顎を発達させることが可能になります。また、永久歯が生え変わるためのスペースも確保でき、生えかわりをスムーズにコントロールすることができます。

お子様の矯正治療には矯正を始めるときのお口の状態によりⅠ期治療とⅡ期治療というものに分類されます。

Ⅰ期治療

乳歯・乳歯と永久歯がまざった混合歯列期に、永久歯がきれいに生えるように顎の成長やバランスをコントロールする治療です。

Ⅱ期治療

永久歯が生えそろったあと(顎の成長が終わったあと)に行う治療です。中学生以上が目安です。歯にブラケットとワイヤーをつける歯列矯正などがあります。第二期治療は、基本的に成人の矯正治療と同じです。
※矯正が必要な程度によって矯正治療の期間は異なります。

大人の矯正For Adults

矯正は子どものイメージがある方も多いかもしれませんが、大人になってからの矯正治療も一般的になっていますので、心配なさらないでください。むしろ、遅すぎることはありません。しっかりとよい歯並びとよい咬み合わせにすることは大切です。

  • ・咬み合わせの改善により、快適な食生活を送ることができるようになります。
  • ・歯列不整を改善することにより、清掃性が良くなりむし歯や歯周病の軽減になります。
  • ・見た目の改善で美しい歯並びや健康美のある笑顔や印象へとつながります。

※矯正が必要な程度によって矯正治療の期間は異なります。

矯正治療の流れFlow of Orthodontics

無料相談を実施しておりますので、矯正治療を検討されている方は、まずは気軽に矯正相談を受けてみてください。
矯正専門医が実際にお口の中を拝見し、治療法・費用・期間などをご提案させていただいております。

STEP1 矯正相談

患者様の歯並びへのお悩みや不明点などをしっかりとヒアリングし、丁寧にご説明します。分からないことはお気軽にご質問ください。治療の概要をご提案します。このときに治療期間や目安となる治療費についてもご説明いたします。

STEP2 資料採得・診査

患者様の咬み合わせを詳細に確認するため、歯型、口腔内写真、顔面写真、レントゲン撮影などの資料採得・診査を行います。むし歯や歯周病で先に治療をする必要がある場合がございます。その後、矯正治療に進みます。

STEP3 診断・治療計画の立案

資料採得・診査の結果をもとに治療計画を立案。具体的な治療法や治療期間、治療費について説明します。患者様に十分にご納得いただいてから治療に進みます。

STEP4 矯正治療開始

通常は1ヶ月に1回のペ-スで通院が必要となります。治療の段階によって、通院頻度は異なります。予約日に来院できないと、治療の進行が遅れる場合があるので、スケジュールを確認して、しっかり通院しましょう。

STEP5 保定・経過観察

装置が取れた後の歯は、何もしなければ少しずつ動いてしまいます。動かした歯を支える骨や歯周組織が安定するまで、保定装置(リテーナー)を装着します。通院は2~6ヶ月に1回程度。だんだん間隔をあけていきます。場合によっては保定装置を付けたままにすることもあります。

STEP6 治療終了・メインテナンス

保定期間が終了し、何も問題なければ治療が終了します。矯正治療を終えて整った歯並びになっても、むし歯や歯周病になってしまっては元も子もありません。ですので3ヶ月に1度程度のペースでメインテナンスをして清潔な状態を保っていただくことを強く推奨しています。

矯正治療 Q&AQ and A

Q1.子どもの矯正治療はいつから開始すべきでしょうか?

子ども矯正は、上下の顎の骨のバランスや大きさを整えて、永久歯がきちんと生える準備をする治療です。主に、乳歯の頃、あるいは乳歯から永久歯に生えかわる混合歯列期に行います。
治療をはじめるタイミングは、歯並びによって違います。早い治療が望ましい症例は4歳~6歳や、その他は6~10歳くらいまでと様々なので、まずは一度ご相談ください。

Q2.矯正治療のために歯を抜くことはありますか?

抜く場合もあれば、抜かない選択もあります。
歯を並べるためのスペースが必要ですので、抜歯しないと理想的な位置に矯正することが難しいケースもあります。また歯を並べるスペースが十分に取れる場合は抜歯しない治療方法もあります。抜歯・非抜歯の選択や治療方法によるメリットやデメリットよく聞いて、一緒にご希望に合ったプランを相談検討しましょう。

Q3.50歳を過ぎているのですが、矯正治療はできますか?

「治療したい」と思い立ったが吉日です。
年齢制限は特にありません。お子さんから50歳以上の人も矯正治療をすることができます。最近は「口元の美しさ」への関心が高くなり、「もっとステキな笑顔になりたい」、「昔は個性といわれた八重歯だけど、汚れが溜まりやすいし、今はキレイな歯並びなりたい」といった、さまざまな思いを胸に、矯正治療をはじめる大人が増えているんですよ。

様々な不正咬合Malocclusions

歯並びが悪いという表現をよく耳にしますが、歯の状態や顎の状態は様々です。
不正咬合は、見た目が気になるほか、ガタガタに生えている歯並びのため、すみずみまで歯ブラシが届きにくく、汚れがたまりやすいことや、一部の歯に咬み合わせの負担が集中してしまいます。
不正咬合は特徴に応じて、いくつかの種類に分類されています。
ご自身が今どのような状況であるのか、不正咬合の種類や特徴を知って頂ければと思います。

出っ歯(上顎前突)

上の歯が、下の歯よりも前に出ているように見える状態。
歯だけでなく、顎骨の位置が原因の場合もあります。外見的に目立ちやすいこともあります。

受け口(下顎前突)

下の歯が、上の歯よりも前に出ているように見える状態。
歯だけでなく、顎骨の位置が原因の場合もあります。横顔も下顎が出ているように見えます。

乱ぐい歯・八重歯

顎のスペースが足りず、歯が重なって生えている状態。犬歯が飛び出ている状態を八重歯といいます。
歯ブラシが届きにくく、むし歯や歯周病のリスクが高くなります。

開咬

咬み合わせたときに、前歯が当たらずに奥歯だけで咬み合ってる状態。
奥歯への負担が大きくなりやすいことや、発音・咀嚼がしにくいことがあります。

過蓋咬合

上の前歯が下の前歯に深くかぶさっている状態。咬み合わせが深いとも言います。
下の歯が上の歯茎を傷つけてしまったり、顎や歯への負担が大きくなることがあります。

交叉咬合

本来、上の歯が外側にあるべきなのに、下の歯が前に出てしまっている状態。
咬み合わせのスムーズな動きを阻害することがあります。